柏原明日香2勝目、FA戦線 燃ゆ

おはようございます。ヤクルトけんちゃんです。

NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは賞金額が最高の試合ということで皆さん力が入りました。
初日は5アンダーで韓国のキム・ハヌルと稲見萌寧がトップに立ち、キム・ハヌル復活を思わせました。
2日目は稲見が飛び出し9アンダー。
3日目は台湾のテレサ・ルーが14アンダーで飛び出しました。
ということで実力者テレサ・ルーが逃げ切るかと思いましたが、失速、韓国のイ・ボミが一時トップに立ちましたが、
柏原明日香に追い越されました。柏原明日香は今季2勝目です。
柏原明日香は23歳プロ入り6年目、アマ時代から注目されていた逸材でしたが、勝てず今年9月の
ミヤギテレビ杯ダンロップオープンで初勝利、そこから間髪入れず2勝目です。
優勝賞金はなんと36百万円で賞金ランクも⓻3百万円の9位に跳ね上がりました。
スタイルも良く、ビジュアル的に恵まれた選手です。今後人気が出そうです。
今女子ゴルフ界は黄金世代と渋野日向子一色になっていましたが、ニューヒロインのお姉さんの誕生です。
韓国のイ・ボミとキム・ハヌルという人気のある選手の復活もうれしい限りです。

楽天の美馬投手がFA宣言しました。
ロッテの井口監督と何でも「欲しい欲しい」病の巨人原監督が獲得に乗り出しています。
ヤクルトにはちょっと手が届かないレベルですか。必要な先発投手ですが。

FA宣言したソフトバンク福田秀平外野手がもてもてです。
福田選手は30歳2006年高校生ドラフト1位。左打ち。
2010年から1軍で活躍し、8年間で、695試合、1202打席、1087打数、24本塁打、120打点、79盗塁 .234 です。
今年は頑張って9本塁打26打点9盗塁 .259 でしたが、基本守備の人です。
取れるに越したことはないのでしょうが、左の外野手、好守備・好走塁、打撃力はそれほどという福田選手は
果たしてヤクルトの補強ポイントでしょうか。
外野手はバレンティンが抜けそうですから、青木(左)・雄平(左)のレギュラーに左の候補としては
山崎・坂口・田代・上田がいます。バレンティンの代わりですから右の控えとしては、中山・塩見・渡邊・濱田と
楽しみな選手がそろっています。
ここで他球団と競合してまで、左のそれほどの強打者ではない(失礼)福田選手を取りに行く必要あるのか疑問です。

西武ファンからの情報ですが、西武の十亀投手がヤクルトに行くかもという噂があるようです。
西武ローテーションの右腕です。このような選手こそ高津監督が必要としているのではないでしょうか。
巨人原監督のようになんでもかんでも「欲しい、欲しい」と子供のようにないものねだりせずに、
今年1年の反省を込めて本当に必要なのはどのような選手か、ヤクルト首脳陣はよく考えてください。

バレンティンはFAでソフトバンクに行く模様ですが、外国人選手のFAには人的補償がないそうです。
びっくりです。日本一のチームが札束で顔をはたいてダントツ最下位チームの4番打者を強奪していくのに、
その見返りがないとは踏んだり蹴ったりです。

上記数字は各選手個人のWikipedia 及びYahoo スポーツの成績等を参考にさせていただいています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。